りっちゃん ハワイ ワイキキ マイル マイルの巨匠

https://www.mairu-kyosho.com

マイルを貯める

陸マイラー的ANAマイルの貯め方!初心者でも年間20万マイル余裕だよ!

りっちゃん
巨匠、あっちのガソリンスタンドの方が1円安いぞ!
巨匠
ああ、そうだな、50リットル入れて50円の節約だ
りっちゃん
はっはっは!あたしは節約の天才だな!
巨匠
節約と言えば、今度の帰省、飛行機代をマイルで払えば、二人で8万円以上の節約になる
りっちゃん
なっ!なんですって!?

富裕層の間でさえも、バカまじめに飛行機代を払うのではなく、賢くマイルを使って移動するのが当たり前になっています。

LCCなどの格安サービスが増えてきて、飛行機は身近なものとなってきましたが、それでも飛行機代は家計にとって結構な負担になります。

これ、節約できたら嬉しくないですか?

あなたが、飛行機代の節約方法としてまっさきに思いつくのは、

「マイルを使えば無料で飛行機に乗れる。」

ってことでしょうか。

あなたも、マイルを利用して飛行機に乗ったことがあるかもしれません。

ただ、

「そうは言っても、マイルってなかなか貯まらないんだよね。」

という気持ちが強いのではないでしょうか。

これからご紹介する方法は、ほぼ無料で無理なく簡単に、年間20万マイル以上を貯める方法です。

マイルとして貯める方がおトク度が高いので、マイルを貯める方法としてご紹介しています。

どれくらいお得かというと、価値を最大化する使い方をすれば、20万マイルは250万円以上の価値に化けるんです!

これだけの飛行機代が節約できるってすごくないですか?

この方法は私の知る限り、間違いなく最強の節約術です。

本当にすごいんです。

私も実践してみてビビりました。

ちなみに、オトク度からはあまりお勧めしませんが、普通に現金化して20万円以上のお金にすることもできます

こうなってくると、もはや節約術どころか、収入を増やす方法ですね。

「節約のためだ。」などと言って、1円安いガソリンスタンドを探してる場合ではありませんよ!

クリックで目次を表示→

 陸マイラー初心者が、ANAマイレージを無料で年間20万マイル貯める具体的な方法とは?

答え:ポイントサイトとクレジットカード入会キャンペーンで貯める

一般的に、マイルを貯める方法としては、主に次の3通りの方法があります。

  1. 飛行機に搭乗して貯める
  2. クレジットカード決済で貯める
  3. ポイントサイトやクレジットカード入会キャンペーンで貯める

このうち、最も爆発的にマイルを貯められのが、ポイントサイトとクレジットカードの入会キャンペーンを利用する方法です。

これだけだと、「あっそ。」って感じですよね。

でも、あなたの想像をはるかに超えてマイルが貯まるんです。

どれくらい貯まるかというと、年間20万マイル以上貯まります。

しかも、ほぼ無料で無理なく貯めることができます。

もちろん、法に触れるようなヤバイことをするわけでもありません笑

しつこい勧誘を受けることもありません。

では、具体的にどうやってマイルを貯めていくのでしょうか?

順を追って説明していきます。

ポイントサイトとは

ところで、あなたはポイントサイトというものをご存知でしょうか?

「なんだか、怪しげだなあ。」

そんなイメージを持たれている方もいるかもしれません。

ポイントサイトとは、商品やサービスの広告がたくさん掲載されているサイトで、

ポイント

利用者が広告を利用することで、ポイントという形で報酬が支払われるシステム

です。

分かりやすく言うと、皆さんよくご存じのお得なクーポンと同じです。

販促のためのクーポンを、ポイントという形に変えただけのものなんです。

つまり、ポイントサイトでもらえる報酬は、広告主である企業が顧客獲得のための広告宣伝費という形で支払われています。

ですから、ご安心ください。

決して怪しいものなんかじゃないんです笑

ポイントサイトでのポイント獲得の実例

実際に、どういった形でポイントがもらえるのか、具体例を見てみましょう。

これはポイントタウンというポイントサイトの実際の画面です。

ポイントタウンの実際の画面

この例は、NTTフレッツ光回線を新規に開通するだけでポイントが獲得できという案件です。

画面から、

  • 広告主はネットナビという会社
  • 新規回線開通で350,000ポイントがもらえる
  • ポイントタウンでもらえるポイントとは別に、最大70,000円のキャッシュバックがある

などということが読み取れます。

350,000ポイントというすごい数字が出てきましたが、ポイントタウンのポイントは、20ポイント=1円相当です。

つまり350,000ポイントは17,500円相当です。

このポイントは現金に換金することも可能です。

ポイントをマイルに交換

さて、ここで獲得したポイントですが、下の画像のようにポイントサイトが提携している他のポイントと交換することができます

様々なポイントに交換できる

そしてこのポイント交換を繰り返していくと、最終的にANAマイルと交換することができます

りっちゃん
最終的にってなんだ?直接マイルに交換できるんじゃないの?画面にも出てるぞ!?
巨匠
直接マイルに交換してしまうと、交換レートが低いので損しちゃうよ

また後で説明するけど、ここではLINEポイントに交換するんだ

やっとANAマイルというワードが出てきましたね。

いよいよ、核心に迫ってきました。

ただ、直接ANAマイルに交換してはいけないんです

いきなり訳が分かりませんね。

どういうことでしょうか?

なぜANAマイルなのか?ソラチカルート、驚異のマイル交換率81%!

ここで重要となってくるのがポイント間の交換レートです。

上で紹介したポイントタウンで直接ANAマイルに交換すると、

7,000ポイント = 350円相当 = 100マイル

つまり、

3.5円 = 1マイル

という交換レートで交換されます。

これは円換算で、マイル交換率約29%にしかなりません。

ところが、ここでANAマイルに直接交換せずに、いろいろなポイントに交換して迂回することで、マイル交換率を高めることができるのです。

そして現在、ポイントサイトのポイントから最終的にANAマイルになるまでの交換レートが最も高くなるのが、下の図に示した方法です。

ソラチカルート LINEルート

マイル交換率81%のソラチカルート

ソラチカルートLINEルートなどと呼ばれているものです。

りっちゃん
手書きかい
巨匠
すまん

このソラチカルートを利用することによって、

ポイント

主要なポイントサイトのポイントからANAマイルに交換率81%で交換することができる

んです。

つまり、先ほどの35万ポイント(17,500円相当)は14,175マイルに交換することができるということです。

ソラチカルート マイル ポイ探

ポイントをマイルに交換するレートと期間

りっちゃん
手書きじゃなくても、いいのあるじゃん
巨匠
ポイ探という便利なサイトだな
りっちゃん
って、81%で交換できてないぞ?!
巨匠
こういうときだけ計算が早いな

交換時に端数が出るからな。

これでどうだ?

ソラチカルート マイル ポイ探

ポイントをマイルに交換するレートと期間

りっちゃん
おおっ!やればできるじゃないか!
巨匠
・・・

このキャプチャ画像は、ポイ探というサイトでマイルへの交換ルートを調べた結果です。

交換元のポイントと交換先を入力するとルートとレートと期間を返してくれる便利なサイトです。

ところで、例えばTポイントやnanacoポイント、楽天スーパーポイントなど、皆さんご存知のメジャーなポイントも、直接マイルに交換することができます。

その際の交換レートはほとんどが、

1ポイント=0.5マイル以下

つまり、交換率50%以下というものです。

年間20万マイル以上貯めるのが目標ですから、25万ポイントのLINEポイントをANAマイルに交換するとしてシミュレーションしてみますと、

ソラチカルート(交換率81%)だと、

25万ポイント ✖ 81% = 202,500マイル

Tポイントルート(交換率50%)だと、

25万ポイント ✖ 50% = 125,000マイル

その差なんと77,500マイル!

ローシーズンであればニューヨークにビジネスクラスで行けてしまうマイルです。

ソラチカルートの81%というマイル交換率がいかに驚異的なのか、理解していただけましたでしょうか

そして、この高い交換率を実現するために不可欠なのが、ソラチカカード(正式名称ANA To Me CARD PASMO JCB)というクレジットカードです。

ポイント

ソラチカカードだけが、メトロポイントを90%という高い交換レートでANAマイルに交換できる

からです。

なんとなくご理解いただけましたでしょうか?

りっちゃん
17,500円相当の35万ポイントを81%で交換して14,175マイル獲得!とか分かりづらかったぞ、数字選びが悪いんじゃないか?

20,000円相当20,000ポイント81%で交換して16,800マイル!とかにできなかったのか?

巨匠
えっ、あっ、そっ、それは・・・そうそう、為替レートの計算の練習だよ

ほら、練習しとけば海外で困らないだろ

りっちゃん
おお、そうか!

巨匠、次はどこに連れて行ってくれるんだ?な?な?

巨匠
・・・

ソラチカルートの欠点

驚異のマイル交換率81%を実現するソラチカルートですが、次の2つの欠点を抱えています。

それは、

  • ANAマイルにするまで時間がかかる
  • 交換できるマイルに上限がある

というものです。

まず、各ポイントの交換に要する期間ですが、必ず通らなければならないLINEポイント→メトロポイント→ANAマイルの部分についてだけ見てみますと、

交換ルート交換申請締め日交換完了日
LINEポイント → メトロポイント毎月15日翌月11日頃
メトロポイント → ANAマイル毎月15日翌月5日頃

のように、どちらも交換申請が毎月15日締めになっていて、交換終了が翌月の上旬です。

つまり、LINEポイントからANAマイルにするまで、最短でも2か月弱かかってしまいます。

これに加えて、各ポイントサイトのポイントからLINEポイントに交換する期間もありますので、実際は2か月以上かかるということです。

継続していれば、毎月ANAマイルが入ってくるようになりますが、

注意ポイント

最初の2か月間はANAマイルが入ってこない空白期間があります。

じつにもどかしい期間です。

そして、ソラチカルートでのANAマイルへの交換は、

注意ポイント

月に20,000メトロポイント=18,000マイルまで

という上限が設定されています。

なので、このルートでは1年間に、

ポイント

18,000マイル × 12か月 = 216,000マイル

まで交換することができます。

逆に言うと、月間18,000マイル、年間21.6万マイルまでしか交換できないということです。

このソラチカルートの欠点である、時間や上限の壁を突破するには、他にもマイルを獲得できる方法を駆使する以外にありません。

ソラチカルートの欠点を克服する

ポイントサイトの案件にも、サイトの無料会員登録で20ポイントなどの少額案件から、建物の建築契約で70,000ポイントなどいろいろあります。

そんな中で、

ポイント

主にこなしていくべき案件はクレジットカード発行案件

です。

年会費無料や初年度年会費無料のクレジットカードでも、発行するだけ、または緩い条件で一万円相当以上のポイントが獲得できるものが結構あります。

つまり、ほぼカードを作るだけで1万円もらえてしまうということです。

下の画像はその1例です。

ちょびリッチというポイントサイトの案件です。

年会費2,000円のエムアイカードプラスが、初年度年会費無料で、カードを発行して5,000円以上利用すれば10,000円相当の20,000ポイント獲得できてしまうというものです。

ちょびリッチ エムアイカード

初年度年会費無料で1万円相当

実に胡散臭い話ですが、先ほども申し上げた通り、

ポイント

このお金はクレジットカード会社の宣伝・広告費から出ている

ので、怪しい儲け話なんかじゃないんです!

さらに、下の画像のように、ポイントサイトで獲得できるポイントとは別に、クレジットカード会社独自の入会キャンペーンでもポイントを獲得できちゃいます。

エムアイカード キャンペーン

エムアイカード独自のキャンペーン

そして、

ポイント

クレジットカード会社独自のポイントには、1円相当のポイントを1マイルに交換できるものもある

んです。

交換率100%です。

しかも、

ポイント

ソラチカルートとは別ルートなので、交換できるマイルの上限に縛られない

んです。

例えば、多くのアメックスカードマイル交換率がほぼ100%で、独自の大型キャンペーンを行っています。

SPGアメックス キャンペーン

SPGアメックスのキャンペーン

つまり、上の図のような入会キャンペーンで、

「○○ヶ月以内に〇〇万円以上利用すれば5万マイル獲得!」のような案件

回も行えば、10万マイルを獲得できます。

ソラチカルートと合わせれば、年間で30万マイル以上を高い交換レートで獲得することが可能になるんです。

ただし、クレジットカード会社独自の入会キャンペーンは、ほとんどが、

「入会から○○ヶ月以内にカードを○○円以上利用する」

という条件なので、完全に無料というわけにはいきません。

だからと言って、無理してお金を使う必要はなくて、光熱費、生活費、税金といった、カードの発行に関係なく支払わなくてはならない費用を、カードで支払うかたちに集約すれば良いのです。

それでも使いきれなければどうするか。

プリペイドカードへのチャージする方法もありますが、ドットマネーというポイントサイトの高額100%還元案件の利用がオススメです。

注意ポイント

プリペイドカードへのチャージは、カード利用でのポイントが付かないクレジットカードが多い

んです。

それでも、カードの利用実績にはなるので、入会キャンペーンの「○○円以上利用」の金額としてカウントはされます。

一方で、ドットマネーの100%案件は、月額サービスの購入という形をとっているで、クレジットカードの利用実績にもなり、カードのポイントも付きます

しかも、nanacoポイントやTポイントなどに交換可能なドットマネーのポイントとして100%戻って来るんです。

実は、現金にも戻せちゃったりします。

ただ、これらの案件、

注意ポイント

毎月1日じゃないと100%還元にならず、しかも数量限定

のようです。

ちなみに、このドットマネー、ソラチカルートから外れてしまったポイントサイトなので、ANAマイルへの交換という意味では全く使えません。

カード決済ではマイルはほとんど貯まらない

陸マイラーというと、

「クレジットカードを使ってマイルを貯めるんでしょ。」

というイメージがあるかもしれませんが、はっきり言って、

注意ポイント

カードの利用だけではほとんど貯まりません。

ほとんどのクレジットカードで、カード利用で獲得できるポイント(ポイント還元率)は、支払額の0.5%~1%程度です。

特定のお店で使う場合のみ還元率が上がるカードはありますが、どこで利用しても還元率が2%を越えるというものはないんです。

ちなみに還元率が最も高いカードは、還元率2%のダイナースプレミアムカードですが、年会費が140,400円(税込)かかります。

さて、クレジットカードの決済で1年間にどれくらいのポイントが貯まるでしょうか。

1年間の支払いを全てカード払いに集約して200万円利用したとします。

ポイント還元率1%として、

200万円 × 1% = 2万ポイント

を獲得できます。

マイル交換レート100%としても2万マイルにしかなりません。

貯金のコツはコツコツとは言え、これはソラチカルートで1年間に獲得できるマイルの1か月分程度でしかありません。

ソラチカルートでは、1年間に、この10倍以上!のマイルが貯められるのです。

りっちゃん
そんなに!?

飛行機に乗ってもマイルはほとんど貯まらない

マイルをたくさん持っている人を見ると、

「飛行機に乗ってマイルを貯めてるんでしょ。」

とお思いかもしれませんが、はっきり言って、

注意ポイント

飛行機に乗ってもほとんどマイルはたまりません。

東京(羽田)から沖縄(那覇)に行くとします。

割引なしの正規料金を支払って100%マイルが獲得できるとしても984マイル

「ダイヤモンドサービス」メンバーであったとしても2,164マイルです。

東京(羽田)からハワイ(ホノルル)ではどうでしょう。

割引なしの正規料金を支払って100%マイルが獲得できるとして3,831マイル

「ダイヤモンドサービス」メンバーであったとしても8,428マイルです。

ちなみに「ダイヤモンドサービス」メンバーとは、ANAの最上級会員のことで、このステータスを獲得するには、料金を支払って飛行機に乗りまくらなければなりません。

ステータス獲得のコストの目安としては年間約100万円以上です。

変更不可などの安い航空券だとマイル積算率は100%付きませんし、多くの人は上級ステータスなんて持っていませんので獲得マイルはさらに少なく、雀の涙、猫の額です。

ソラチカルートでは、1年間に、東京ー沖縄100往復分!のマイルが貯められるのです。

りっちゃん
すげえなあ

20万マイルで何ができるの?マイルの価値と使い道

マイルというのは使い方によって、その価値が大きく変わってきます。

言い方を変えれば、マイルの価値にレバレッジをかけることができるのです。

基本的には、

ポイント

マイルの価値を最も高める使い方は、特典航空券との交換

です。

ただし、ANAの場合、特典航空券はマイルで交換できますが、別途、燃油サーチャージや税金などの諸費用が発生します。

ちなみに、同じ便であれば、エコノミー、ビジネス、ファーストで諸費用は変わりません

では、20万マイルで、いったいどんなことができるか見ていきましょう。

例1:国際線特典航空券:東京-ニューヨークをファーストクラスで1往復(15万マイル=約220万円)

なんと夢のファーストクラスにだって乗れちゃいます。

例として、羽田からニューヨークにファーストクラスで行くとして、普通に航空券を買うと、安い時でも120万円前後、高い時だと220万円前後かかります。

ANAファーストクラス ニューヨーク

NY行きANAファーストクラスのお値段

これがマイルを使った特典航空券だと15万マイル(ハイシーズンだと16.5万マイル)で乗ることができます。

画像の例で計算すると、

16.5万マイル = 2,284,830円

1マイル当たりの価値は、最大で13.6円ほどになります。

そもそもファーストクラスの値段設定がおかしいだろっていう話しもありますが、それは置いといて、

ポイント

マイルの価値が最も高くなる使い方が、このファーストクラスの特典航空券との交換

です。

ポイントサイトのポイントをそのまま現金化したら、

1ポイント = 1円

でしかありませんが、ソラチカルートでマイルへと交換することで、

1ポイント = 0.81マイル = 約11円

と、その価値が10倍以上に跳ね上がるのです。

例2:国際線特典航空券:3人家族で東京(羽田)-ハワイ(ホノルル)をビジネスクラス1往復(19.5万マイル=約160万円)

ビジネスクラスであれば、家族旅行だってできちゃいます。

羽田からハワイ(ホノルル)へ、ビジネスクラスで必要なマイルはレギュラーシーズンで6.5万マイルです。

3人分でも19.5万マイルです。

普通に航空券を買うと30万円前後、お正月なんかは70万円前後かかります。

3人分だと、90万円から210万円!

ANAビジネスクラス ハワイ ホノルル

ハワイ行きANAビジネスクラス3名分のお値段

画像の例で計算すると、

19.5万マイル = 1,625,490円

1マイル当たりの価値は、最大で8.2円ほどになります。

ポイント

ファーストクラスでの利用に次いで、マイルの価値が高くなるのがビジネスクラス特典航空券との交換

です。

例3:国内線特典航空券:東京(羽田)-沖縄(那覇)を普通席で10往復(18万マイル=約37万円)

もちろん国内線でも使えます

東京(羽田)から沖縄(那覇)の必要マイル数はレギュラーシーズンで1.8万マイルです。

18万マイルあれば、10往復できます!

なんと、ほぼ毎月沖縄に行けちゃいます!

航空券を購入すると往復で万円前後から7万円前後です。

ANA 沖縄 普通席

東京発沖縄行きの普通席のお値段

画像の例で計算すると、

1.8万マイル = 36,980円

1マイル当たりの価値は約2円ほどになります。

この場合は、マイルを使っても構わないのですが、格安な運賃の便の場合、マイルの価値がかなり低くなってしまう場合があります。

スーパーバリュー ANA 沖縄 一万円以下

東京発沖縄行きの安い飛行機

画像の例で計算すると、

1.8万マイル = 17,780円

と、1マイルあたりの価値が1円以下となってしまいます。

りっちゃん
ああーーー!!!あたしのマイルがーーー!!!
巨匠
りっちゃん、落ち着いて

こんなときは、マイルをANAスカイコインに交換すればいいんだ

ANAマイルは、

1マイル = 最大1.7スカイコイン

のレートでANAスカイコインというものに交換できます。

そして、ANAスカイコインは、

1スカイコイン = 1円

ANAの航空券を購入することができます。

つまり、

1マイル=1.7円

となり、

ポイント

1マイルの価値が1.7円を下回った場合は、ANAスカイコインに交換して航空券を購入したほうが消費するマイルが少なくて済む

んです。

しかも航空券を購入しているので、

ポイント

フライトマイルまでもらえてしまう

んです。

りっちゃん
なんだ、そうだったのか!

びっくりしたぞ!

ファーストクラスで世界一周やSFC修行でANAプラチナメンバー(スターアライアンスゴールド)を目指すことだって可能

このように、

ポイント

ポイントサイトで貯めたポイントは、現金化せずにマイルに交換することで、その価値を数倍から十数倍に高めることができる

のです。

一般人には無縁と思っていた、憧れのファーストクラス世界一周だって夢ではないのです。

ANAファーストクラス

憧れのANAファーストクラス ”ANAホームページより”

さらに別の使い道もあります。

SFC修行という言葉があります。

半分は提携航空会社の便でも構わないのですが、ANAの飛行機に乗りまくることで、「プラチナサービス」メンバー「ダイヤモンドサービス」メンバーといった上級会員になることができます。

ただし、乗りまくるといっても、

注意ポイント

マイルを使った特典航空券での搭乗ではダメで、有償の航空券での搭乗である必要

があります。

これらのステータスは有効期限が1年間限りで、継続するには毎年同じように飛行機に乗りまくらなければなりません

ところが、プラチナ会員以上になるとSFC(スーパーフライヤーズクラブ)カードというカードを作ることができるようになります。

一度このSFCカードを作ってしまえば、SFC会員という資格が得られ、

ポイント

年会費を払い続けるだけで、半永久的にプラチナ会員相当のサービスを受けることができる

のです。

しかも、なんと、

ポイント

家族カードを発行するだけでその家族もSFC会員として扱われる

のです。

このSFC会員を目指して飛行機に乗りまくるのがSFC修行で、これを行うには最低でも約50万円ほどかかります。

現金で払うと思うと、かなりの出費ですが、

ポイント

ソラチカルートで貯めたマイルを、ANAスカイコインに交換して、原資として使うことができる

んです。

先ほども出てきましたが、ANAスカイコインというのは、

1スカイコイン = 1円

として、ANAの航空券を購入することができるもので、

1マイル = 最大1.7スカイコイン

に交換することができます。

つまり、ソラチカルート20万マイルなら、最大34万スカイコインに交換することができます。

クレジットカードの入会キャンペーンも併用して、30万マイルを貯めたのであれば、最大51万スカイコインと交換して、ANA航空券を購入することができるというわけです。

ちなみに、私もこの方法を使って、2016年にSFC修行をして、プラチナ資格を取り、SFCカードを発行しました。

SFC ワイドゴールド ANA VISA

SFCカード(ANA VISAワイドゴールド)

家族カードも発行し、修行してない妻もSFC会員になったので、同行しない旅行でも、それぞれラウンジ利用などの特典を受けることができています

このように、ポイントサイトなどを利用してマイルを貯めていくことで、ほぼ無料で、人それぞれ、いろいろな夢がかなえられるのです。

なんだかワクワクしてきませんか?

あなたも早くマイルを貯めて1年後、ビジネスクラスで家族旅行したくないですか?

りっちゃん
うん!うん!したい!したい!
巨匠
・・・

でも、これって2年目以降つらくないですか?ポイント活動の限界と対処法

するどい人なら気づいてしまう、ポイント活動の限界

ここまで、無料でスピーディーにマイルを貯める方法をお伝えしてきました。

ただ、勘の鋭い方ならうっすらお気づきだと思いますが、クレジットカード発行案件のように、

注意ポイント

一度に大量にポイントをもらえる案件というのは、こなしていけばいくほど無くなって行ってしまう

んじゃないかと。

残念ながらその不安というのは的中していて、そこがこの方法唯一のデメリットで、2年目以降は1年目に比べると、だんだんきつくなってきます。

ただ、対処法がないわけではなく、マイルを貯める仕組みを作って習慣化してしまえば、2年目以降も無理なくマイルを貯めていくことができます

もっと言ってしまえば、

ポイント

1年目よりもはるかに大量のマイルを獲得していくことだって可能

なんです。

その対処法をいくつかご紹介します。

どの方法も1年目から使うことができ、マイルの貯まるスピードを加速させることができます。

対処法1:家族で力を合わせる(ファミリーマイルで合算)

生計を同一にし、

注意ポイント

同居する配偶者・同性のパートナーおよび一親等以内の家族

であれば、ANAカードファミリーマイルというサービスを利用して、マイルを合算することができます。

もし、ご結婚されている方であれば、あなたの奥さまや旦那さまとご一緒にマイルを貯めていくことで、単純に2倍のスピードでマイルが貯まっていくということです。

SFC修行を検討している場合なんかは、このファミリーマイルを利用することで修行も速やかに終了することができます

夫婦で、家族で、SFC修行を応援する形ですね。

対処法2:グルメモニター(覆面調査)でマイルを稼ぐ

ファンくるというサービスが代表的ですが、グルメモニターという案件のカテゴリーがあります。

いわゆる覆面調査ってやつです。

こんな感じで、事前に登録して普通に食事しに行き、ミッション(写真を撮ったり、アンケートに答えたり)をこなすことで、食事代金の一部がポイントでキャッシュバックされるというものです。

中には50%~100%戻ってくる案件もあります。

都市部ほど飲食店も多いので、都市部在住者の方が有利ですね。

グルメモニターの最大のメリットは、

ポイント

繰り返し利用が可能

というところです。

月に1~2回以上は外食される方が多いと思いますが、それをグルメモニター案件にからめるだけで、食事代の一部がマイルに変わるというわけです。

もう一つ紹介しておくと、ファンくるの姉妹サイトにぐるリザというのがあります。

ぐるリザの案件はグルメモニターとして覆面調査するのではなく、クーポンをもらって食事するだけでポイントバックされるというものです。

クーポンなので、アンケートなどに答える必要もないんです。

宴会など大人数での利用が想定されているようで、ポイントバックの上限額がファンくるの案件よりも高めに設定されています。

りっちゃん
おなか減ったな
巨匠
・・・

対処法2:お金でマイルを買う

表立ってはANAのマイルは購入することはできませんが、なぜかヤフオクなんかで売ってます。

相場は1マイル=2.3円前後でしょうか。

一度購入してみましたが、2日程度で反映されました。

明細にはTポイントと記載されていたので、Tポイントルートですね。

ポイントサイトのポイントもギフトコードとして売ってます。

相場は1ポイント=1.4円前後でしょうか。

2ポイントで1マイルと交換できるから、1ポイント=2.8円前後ですね。

マイルの価値を考えると、特典航空券と交換して使うなら買ってしまっても割安な場合が多いんです。

「マイルを特典航空券にしたいけどちょっと足りないなあ。」、なんてときは購入してしまうのも然ありです。

ちなみに、先ほどご紹介したドットマネーの100%還元案件を利用すれば、1ポイント=1円で購入できますので、これをTポイント経由でANAマイルに交換すると、1マイル=2円で購入できてしまうことになりますね。

りっちゃん
でも、お金かかっちゃうんだね
巨匠
そうだね、なるべく買わないで済むようにマイルをたくさん持っておこう

対処法3:ブログでマイルを稼ぐ

はまれば一番マイルを貯めることができるでしょう。

自分で広告を利用するポイントサイトなどの自己アフィリエイトでは、自分一人でこなせる案件の数にも限界があります。

自己アフィリエイトでマイルを貯めながら、マイルの貯め方や使い方を覚えて、それをわかりやすく他の方に紹介する。

難易度は高いですが、おそらく、一般人が年間100万マイルを突破可能な唯一の方法ではないでしょうか。

まとめ

さあ、あなたもANAマイルを貯めてみませんか?

  • ポイントサイトソラチカルートを利用することで、年間21.6万マイル無料で貯めることができる!
  • クレジットカードの入会キャンペーンで、ソラチカルートの欠点(時間・上限)を克服できる!
  • マイルの価値は、特典航空券と交換することで、最大1マイル=10円以上にすることができる!
  • 無料で貯めたマイルを利用して、プラチナ会員(SFC会員)になることもできる!
  • SFC会員になれば、半永久的にプラチナ会員相当の待遇を受けられる!
  • 2年目以降も継続してハイスピードでマイルを貯めていくことができる!
りっちゃん
ふう、長かったな
巨匠
つい長くなってしまった、申し訳ない
りっちゃん
でも、ためになったぞ

次はどこへ連れてってくれるんだ?な?な?

巨匠
どこか南の島ですかね

 

 

 

 

 

    -マイルを貯める
    -

    Copyright© マイルの巨匠 , 2020 All Rights Reserved.